本文へ移動

新着情報&お知らせ

宮沢研究室(番外編)
2023-11-02

 宮沢孝幸准教授が60歳になられる2024年5月をもって京都大学を退職されるとのことです。
 そして、大学の取り決めのとおり、医生物学研究所附属感染症モデル研究センター ウイルス共進化分野 宮沢研究室が退職に伴い、閉鎖されるそうです。今までの研究の蓄積や研究者はどうなるのでしょうか。
 研究者の立場が不安定だと、研究者になりたいという人も減り、日本の研究や技術の発展に寄与できなくなると思います。
 2016年10月にウイルス研究所と再生医科学研究所が統合し、ウイルス・再生医科学研究所に、2022年4月から、医生物学研究所に改称されたということも初めて知りました。ウイルスにより世界中の人々が当たり前の日常を奪われました。そんな大事な分野の研究室の一つが閉鎖されるというのは、知の大損失と思います。私たちの税金も入っています。研究は地道で、自分の生きている間に成果がでるかどうかも分からないし、失敗に終わることもあるでしょう。それでも、いろんなアイデアを出し合い、闊達な議論をし、研究することが楽しい、世のために貢献したい、という人々(地上の星)がいるのです。もちろん、研究者に限らず、どんな職業においても、頑張ってこられた方々の努力は尊いです。そのお蔭で日本は支えられてきたのだと思います。
 京都大学は数々のノーベル賞受賞者を輩出してきました。もし、岡潔先生(天才数学者であり、『日本民族の危機』『春宵十話(しゅんしょうじゅうわ)』『人間の建設』の著者。)が現状を見られたなら、なんと言われるでしょうか。あくまでも個人的意見ですが、残念です。(し)


特定医療法人 弘友会
老人保健施設フレンド
〒795-0064
愛媛県大洲市東大洲39

TEL.0893-23-5100

TOPへ戻る